Google+ 文化のるつぼ へちま: ふしぎ絵本館主催 「街の中の小さな勉強会」 第2回は 白雪姫 と コラージュ

2016/01/06

ふしぎ絵本館主催 「街の中の小さな勉強会」 第2回は 白雪姫 と コラージュ


先月も大好評だったふしぎ絵本館の 
「まちの中の小さな勉強会」
第2回のテーマは「白雪姫 と コラージュ」です!!

今月の一冊「白雪姫」

・ジョセフィーン・プール 文
・アンジェラ・バレット 絵
・島 式子 訳


先月の様子はこちらから 
http://hechima400.blogspot.jp/2015/12/blog-post.html







なぜ「白雪姫」なのか


おとぎ話は いつ聞いてもワクワクするものです。なぜならば、
魔法使いや、妖精や この世にはないものが沢山出てくるから・・。
その物語りの世界を現実の親子の話につなげるなんてこと、できるのかしら? はい、出来ます! 実際にメディアでも取り上げられていますよ。BSプレミアム「ワンス・アポン・ア・タイム」が
そうです。
昔々あるところに・・ と、おなじみの言葉から始まるおとぎ話。
そこに描かれているのは、子どもに 本当の親の姿を見せる!!ための、
その葛藤や試練が描かれています。子どもの目線になるなんていっても 所詮おとなは自分の価値観重視の世界にいるものです。
さあ、どうやって 子どもに真の価値ある、あるべき姿の親像を見せることができるのでしょうか。まずは 最初のページ そこから読み始めてみましょう。 皆さまと共に、いざ、お話の国へ~。 

新しい子ども観を見つける旅へと まいりましょう・・・ 



 日時   1月 15日( 金 )
        PM1:00 ~ 2:30

  内容1 “物語で読み解く 子どもの心理”
       まずは「白雪姫」から始めましょう
        実は 人間の内面が表現された お話・・
        新しい観点からの その読み解き
        意外な発見が あなたにも出来るかも!!

  内容2  こころの向くまま・・“大人のぬり絵”
       1枚の構図 無意識の世界への扉が開かれます
        今日のあなたを作品に仕立てます
たまには 無心になるのも いいのかもしれません
        ぬり絵にコラージュして作品に仕上げてみませんか

料金     :    \2,000
定員     :     10名まで
申し込み :    [文化のるつぼ] まで
          甲府市中央2-13-20
                      055-236-5651


 



コメントを投稿