Google+ 文化のるつぼ へちま: ふしぎ絵本館の 「街なかのちいさな勉強会」

2015/11/10

ふしぎ絵本館の 「街なかのちいさな勉強会」



子どもたちの未来を考えた時、私は限りない不安を感じてしまい
ます。なぜならば、現代に生きていく子どもたちの生きづらさを
象徴する学校での事件や、紙面を賑わす青少年の犯罪、そして子どもたちが大人になった時の社会、そこにはゲームやアニメに描かれている世界がきっと現われているのだろうという予感など・・これらが警鐘を鳴らして私に告げているような気がしてならないからです。

その中でも特に母親たち、直接子どもたちに深い関わりを持つ存在である母親たちが子どもをどう見るか、ということが大事であり、子どもたちの成長期に何が起こるのか、その心理を知ることこそが大きな光りとなることを私は直感しています。それは同時に、
子育て中の母親のみならず 全ての母なるもの ひいては世の中全体の大人と呼ばれる人たちへの「子ども観の見直し」というメッセージにもつながっていくのではないかと思っております。
これからの時代、子どもたちの心の問題はとても複雑になっていくことと思われます。私たち大人がどれだけ子どもたちの 光りと影 を理解するか、それが今後の大きな課題となっていくことでしょう。
難しい理論の様式ではなく、わかりやすくて、楽しい時間にしたいと思います。  

ふしぎ絵本館 館主 高野 由美                          
  

  日 時  12月 9日(水) PM1:00 ~ 2:30 (2部構成)

  内容1 “絵本と音楽と物語りで聴く 子どもの心情”
       絵本 ガブリエル・バンサン作『 家出 』
       子どもの内面が表現された絵本の鑑賞と
        心理学的視点からの その読み解き
    講師  ふしぎ絵本館館主 高野由美

  内容2  “カラーセラピーで知る自己認識”
        自分が選んだボトル、その色から導き出される
        今日のあなた、 自己の認識が始まります
◆ 講師 カラーセラピスト 山本幸代
             (シャンドフルール)
料 金    :   2000円
定 員    :     10名まで
問合わせ・申込 : 055-236-5651    文化のるつぼ へちま 担当川上
                hechima400@gmail.com
 

     *今後の企画内容は 当日の資料でご確認ください

  
コメントを投稿