Google+ 文化のるつぼ へちま: Hechima Tsushin No.05

2014/06/07

Hechima Tsushin No.05



へちま通信No.05ができました!
今回も充実の内容となっておりますので 簡単に(とはいっても長いです)紹介したいと思います

まず表紙
へちまにもよく来てくれていたAIRYのレジデンス フランキーが描いた 遊亀公園の動物園の壁画です
みなさんもう見にいきましたか?本当にステキな壁画ですよね 見ているだけでとてもハッピーな気持ちになる
フランキーは5月末にバリへと旅立ってしまい このへちま通信を見てもらうことはできなかったけれど きっとまた会えるはず
ちなみにへちまの店内には フランキーがプレゼントしてくれたドローイングが飾ってあります それもとてもかわいいので ぜひ探してみてください
ちなみにちなみに コピーのイメージは中島みゆきではなくアーヴィングです なんとなくですけど

続いて特集
純粋に描くということ――小さな芸術家展・よりみちアート――
5月にへちまで開催していたウラジオストクの子供たちの絵画展と 18日に開催されたワークショップの様子を紹介しています
子供たちの絵は 私たちが忘れがちななにかを再確認させてくれる力がありますね

前号からはじまった連載「かふふ こうふのまちの芸術祭2014通信」
今回の担当はこうふのまちの芸術祭企画展示代表の齊藤翔さん
ちなみにこの「かふふ」というタイトル 恥ずかしながらこないだ古地図を見ていて気がつきました

次も連載「和火――炎がつくる出会いの和――」
ジメジメとした梅雨のこの時期は 特に和火の熱いステージが観たくなりますね!

otojouさんの連載「旅」
残念ながら 今回で一旦おしまいということになりました
otojouさんのステキな写真とポエムのファンなので とても残念ですが またなにか違ったカタチで逢える日を楽しみにしてます!

続いてリレーコラム「Culture for All」
今回は銀座通りのハッピーキッズ森澤先生です
いやーアツいです このページが今号の見所といっても過言ではありません
ぜひ 多くの人に読んでいただきたい!

中心街の出来事をお伝えするコーナー「中心街ダイアリー」
今回の話題は Love Save Japanのはぎれと募金と オリオンイーストにオープンしたTo Laboさん
そしてへちまで開催した小さな芸術家展の3つです

音楽系のイベントを主催して甲府のまちをアツくする人たちを紹介するコーナー
「Who’s Gonna Knock the Door?」
今回はざぶとん亭風流企画の馬場さんにお話を伺いました
世代やタイミングってどうしようもないものなので そういうことには羨望と嫉妬を覚えるわけですが 馬場さんのバイタリティを目の当たりにすると 何も言えなくて梅雨

ディスクガイド「talking about MUSIC not MUSIC」
今回はtofubeats経由で森高千里の話
ちなみにタイトルはWas(Not Was)とか Disco not Discoとかそういうカンジです
音楽の話のようで音楽の話ではない話 みたいな

イベントピックアップ
今回も5つのイベントを紹介しています
富雪さんのマルシェ itokaraさんの店さき市 馬場さん関連2件とよりみちアート
このコーナーのポイントは イベント主催者の方からひとことコメントをいただいていること
甲府や山梨県内 結構面白いイベント多いですよね 「知ってたら行きたかったのにー」なんてのが一番もったいないので アンテナ高くしていきましょう!

続いてフェイスリフトしたへちまの楽屋
今回は英語が得意なスタッフのちょこっと英語紹介 へちまはなにげに多国籍なお客さまの多い店なので バイリンガルなスタッフがいて助かってます
そしてお客さま紹介はスポーツプログラマーの坂本さま いつも坂本さまを見ると 自分の姿勢の悪さが恥ずかしくなります
もっとこぴっとしたいと思います!

最後のページで 今回は6月のへちまのイベントを紹介しています
パリネコ展は今日まで
6月23日からは ショイコニストの回文展
展示イベントは コンスタントに開催していきますので ご期待ください!

以上へちま通信は たくさんのお店にご協力いただき設置していただいております
現在鋭意配布中
設置していただいているお店は Shop Listでご確認ください
バックナンバーも合わせて 確実に手にしたい方は ぜひへちままで

スタッフ一同 皆さまのご来店を心からお待ちしております!
コメントを投稿